« 後ろ姿。 | トップページ | 今日は半年点検。 »

2013/05/18

桜、サクラ、、、そして、さくら。

こんばんわ~!。


良い天気でした。
久々に爽やかな土曜日。


1802自宅前で撮影した空です。
飛行機雲以外はスカイブルー。
最高気温は23℃くらいでした。
チョッと汗ばむ程度で、バイクで走っていると爽やか。
良い季節です。


なのに、、、今日のタイトル「桜、サクラ、、、そして、さくら。」。
おかしくね?。

まあまあ。


1804今日もいつものフェイバリット。
今日は何処まで走れるかな~?。
先週は県境まで3km地点まで。
今週は気温上がったからな~。
楽しみです。


1803宮城県側の中間点。
桜が満開です。
横川の傍に咲く桜。
今日は5月18日。
標高は1,000mくらいかな?。
ようやく満開の桜です。


1805で、、、。
こっちにも。
川傍で。
万年日陰になる場所です。
市街地の桜の見頃から、、、1ヶ月遅れです。
桜並木と違って儚げですね。



今週は~。
ここまで走れました。
例年、最後まで雪が残るポイントです。


1806毎年、ここで2週間連続足止めをくらいます。
ここも日陰になっちゃうんです。
ここの雪が消えれば、、、全面開通です。
待ち遠しいです。
来週?、翌々週?。
既にカウントダウン状態です。


1807
こんな感じです。
コーナーの前後に雪が残るんです。
この奥は、、、陽が当たるので雪はありません。
左奥が山形へ。
右奥が宮城へ。


1808今日も撤退です。
ゆっくりと来た道を戻ります。
今日は単独行動、、、周囲を観察し、撮影し走ります。
渓流のせせらぎ?、、、癒されます。
まだチョッと雪が残っています。
水温は、、、冷たいんでしょうね~?。


1809ふと横を見ると、、、。
シェルパが停まっています。
四方に目を向けますが、、、。
ライダーの姿は無し。
釣竿を担いで渓流の奥にでも行っているのかな~?。
この季節、、、山バイク+渓流釣りは良いかもしれませんね。


1810
点々と野生?の桜が咲いています。
遅い遅~い桜の開花。
目の保養に休憩しながらボ~っと、、、眺めます。


1811長老を走り。
一服します。
気温の上昇に伴い、、、暑くなります。
ジャケットを脱ぎ、インナーを1枚脱ぎ捨てます。
インナーはTシャツ一丁です。
軽装で走れるヨロコビ、、、ようやく長い冬の余韻も終了かな。


18121813
花房山です。
う~ん、、、未だに崖崩れ跡の復旧はされていません。
でも、、、。



強行突破しちゃいました。
XRだったら、、、もうチョイ楽~に抜けれたかな~?。
こんなシチュエーションだと、、、CRFの低速の粘りの無さが顕著に確認出来ます。
でも、、、まあ、、、こんな感じのガレ・トライはあんまりしないしね。


1814今日はあっさりと蔵王連峰から帰ります。
帰り際にバイク屋さんへ。
先々週に大破したハンド・ガードを修理します。
先週は右側のハンド・ガード無しで走っていました。
右側にコケることが出来なかったんです。
これで、、、全開走行可能になります、、、全開でも、、、スピードは出さないけどね。


1815昼食を摂り。
仙台のディーラへ。
F800GSでチョイ出掛けです。
久々~に、、、パニア、トップケース、タンクバッグ無しのシンプルGSです。
この状態にすると、、、機動力がUPします。
ネイキッド並みの軽やかさです。


1816ほぼ常時装着しているパニアのお陰で、、、。
マフラーは新品の様にピカピカです。
傷も無し。
積載性を望まなければ、、、こんなに軽快に走れるんだ~って、、、気付きました。
パニアを付けていると車幅が広くなって、、、運転が慎重になるんですよね~、、、zenxは。


1817ディーラーではGSの車検の打合せ。
梅雨前に何とか車検完了したいです。
梅雨明け後には弾丸でロングなツーリングを計画します。
ここ2年、、、ロングツーリングしてなかったもんな~。
今年は泊りがけのツーしちゃお~!。



久々に1日に2台のバイクに乗りました。


1801
CRF250Lで走ったルートです。
フェイバリットはあと1kmで山形へ抜けられます。
長老、花房山のルートも強行突破で完走しました。
神嶺、茂庭関は先週、先々週完走しました。
あとは、、、フェイバリットのみ。


フェイバリットが完走出来れば、、、。
宮城~福島~山形の3県跨ぎの林道ツーリングが出来るんですよね~。


楽しみです~!。


↓クリック一つで10ポイント。 お願いしま~す。
にほんブログ村 バイクブログへ 人気ブログランキングへ

|

« 後ろ姿。 | トップページ | 今日は半年点検。 »

動画」カテゴリの記事

CRF250L」カテゴリの記事

F800GS」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。