« 富士山を見に行こう/ツーリング・その1 | トップページ | 富士山ツーリング後記&写真 »

2008/07/29

富士山を見に行こう/ツーリング・その2

こんばんわ~。
「富士山を見に行こう/ツーリング・その2」の巻きです。


7月27日夕刻に待望の「富士山」を眺めて興奮は冷め止まないのですが、疲労の蓄積もあり夜は珍しく一瞬で眠りに就くことが出来ました。

明けて、7月28日早朝05:00。
起きて、、、カーテンを開けて、、、!。

0769

富士山の方向は、、、真っ白。
昨日以上の霧と雲で、、、富士山の頂はおろか、、、裾野すら見えない始末。
ま~、富士山が見れなくとも箱根の天険、芦ノ湖を見れれば、、、ヨシとしようと思い、、、急いで出発準備。

フロントでチェックアウト、バイクの暖機運転と済ませ、、、05:30。
近くのコンビニでサンドウィッチと缶コーヒーで軽目の朝食を摂り、、、05:55。
装備の再確認、タバコを1本吸い、、、06:05。
目指すは箱根、芦ノ湖周辺です。


Mapfuji02

337号線を湖尻峠に向かって走ります。
かなりキツイカーブの連続でアップダウンもあり、壊れたフットボードがカクカクいって不安を煽ります。
途中、濃い霧のため視界はキワメテ悪い。
早朝ということもあり対向車は皆無。
湖尻峠までユックリと走って20分くらいでしょうか?、箱根スカイライン、芦ノ湖スカイラインの分岐点に到着します。


0770

気分的には両方のスカイラインを走りたかったので、、、両方を走ることにします。
どちらを見ても、、、きり、霧、キリ。
ルート的に湖尻峠に引き返しやすい箱根スカイラインを先に走ります。
霧に遮られていますが太陽は昇っており、、、暑い。
対向車も走っておらず、、、貸し切り状態でスカイラインを満喫することは出来ました。
霧で周囲の景色は何も見えませんでしたが。


一旦、湖尻峠へ戻ると、、、!。

0771

芦ノ湖スカイラインは、、、07:00までは閉鎖。
現在、、、06:40。
20分間何をして待つかな~、って周囲を見渡せば、、、ヤッパリきり、霧、キリ。
今日は富士山を見るのは無理かな~って、、、正直思いました。


0772

この厚い霧、、、太陽はかなり激しく照らしていのに、、、遮られてしまっています。
山間部&この土地特有の霧なんでしょうね~。
こんなに霧が大量発生するところは始めてです。
夏の早朝なのだから霧が発生しやすいってのも在るんでしょうが、、、。


0773

少しすると、、、熊谷ナンバーのライダーと遭遇します。
彼のバイクはSR400(だと思います)。
彼も箱根スカイラインから昇ってきて、、、芦ノ湖スカイラインのオープンを待っていました。
彼もヤッパリ、富士山を見に来たそうで、、、チョット残念がっていました。
5分ほどオシャベリをすると、、、係員の人達がバリゲードをどかす作業を始めます。
、、、!、、、?、、、すると、、、今迄大量に発生していた霧が風に流されていきます。
もしや?、と思いSRのライダーと別れを告げ、、、芦ノ湖スカイラインへ出発~。


0774

0775

0776

三国峠です。
「やりました!」って気分です。
ほぼ富士山の全景が見渡せて、、、裾野には雲が、、、雲の下には街々が広がっている。
なるほど、、、霧や雲が発生したら、、、下界からは富士の頂が見えるはずはありませんね。
三国峠ですら標高1070mです。
バイクとの記念撮影もでき、、、気分は上々!、、、イヤイヤイヤイヤ、、、最高!。


確か、この先の杓子峠も富士山絶景のポイントのはず!。
急いで行ってみます。


0784

三国峠から杓子峠までものの5分程度です。
、、、?。
エッ?、、、もう富士山はお隠れあそばした?。
さっきまであんなに神々しくそびえ立っていたのに、、、早くネ?。
ここで待つこと、、、15分。
時間が経つにつれて、、、霧は濃くなり、、、立っているだけでヘルメットのシールドが濡れます。
、、、諦めました。


0777

芦ノ湖スカイラインを降り切ると、、、そこには芦ノ湖が広がっています。
07:38、、、まだ朝靄が掛かっており、、、湖面はキラキラと光り輝いています。
下界は陽射しがサンサンと降り注いだピーカン状態。
富士山もこんな状態で見られれば各峠でイッパイ別角度の写真が撮影出来たんですが、、、。


0778

「道の駅/箱根峠」。
07:39、、、まだ閉店ガラガラ。
仕方ないので、、、いつもの「小岩井ミルクとコーヒー」を飲みつつ、、、一服です。
同じようにツーリングで来ているライダーもチラホラ。


ここからは、、、もうノンストップで栃木に向けて走るのみです。


0779

蓮田SA、、、10:40.
ここに到着するのに、、、エライ混雑に巻き込まれました。
首都高の北池袋手前で、、、数十kmで約1時間のノロノロ運転を強いられ、、、クラッチを握る左手は、、、つる寸前だし、、、いつエンジンがオーバーヒートするか判らない恐怖に襲われ、、、あげくに路面の照り返しで、暑いの何の、、、生き地獄でした。
ヤッパリ、首都高はzenxにとっては鬼門です、、、好きになれません。
首都高を抜けて、、、蓮田SAで昨日は食べられなかった、、、ソフトクリームを満喫します。


0780

蓮田SAから栃木まで、、、100km弱、、、1時間の距離です。
もう、ホントにノンストップで、、、雨です。
高速走行時に雨の直撃、、、zenxの柔肌に、、、雨が突き刺さります。
若干胸元を開けて(セクシ~!)いたので、、、首周りに、、、雨が突き刺さり、、、悲鳴を上げながらの運転でした。
佐野PAで一旦雨をやり過ごします。
首から血でも出てるんじゃないかとトイレで確認しましたが、、、赤く腫れているだけでした。


0781

上三川ICを降りて、、、向かった先は、、、行き付けのバイク屋さんです。
フットボードの状態を確認してもらい、、、修理してもらいます。
昨日、今日、富士山を見に行っていた話題で盛り上がり、、、写真も見てもらい、、、楽しいひと時を過ごします。


0783

修理完了です。
ナント、純正パーツではない悲しさか、錆が浮き出たフットボードを磨き、塗装までしてくれました。
さらに、、、工賃?、、、いらないよ~、、、ですって。
ふ~、持つべきは行き付けのバイク屋ですね~。


0782

ここ4週間連続のツーリングで、、、zenxの腕は、、、こんな状態です。
新しいグローブの隙間に日焼けが出来て、、、日焼けの飛び地が出来ました。
さらに、、、首筋も真っ赤です。
日焼けなのか、、、雨のせいなのかは明日あたりわかると思います。


1泊2日で強行軍で出発した「富士山を見に行く・ツーリング」ですが、、、実際に何度か富士山を見られて大満足です。
天候や時間帯によってはマッタク見られない場合があるという話は聞いていましたので、、、西日の当たる富士、全景爽快な富士を目に焼き付けられ、写真も撮影出来て幸運でした。

今回のツーリングの全工程は、、、約800kmになります。
わざわざ遠回りをするルートだったのでこんな距離になりましたが、、、箱根の各峠で富士山を見ると限定すれば往復600kmと日帰り圏内であることが判りました。
でも、、、首都高の時間が計算できないので、、、日帰りは難しいかな~。

そういえば、、、昨日自宅に帰り、今日起きて、、、思い出しました。
そう、、、お土産、、、何も買ってきていませんでした。
自分のも含めてです。
、、、ホテルでマッタリ&休憩以外は、、、ホトンド、、、バイクに跨っていました。

本日(7月29日)は代休取得日なので、、、マッタリ、ボケ~っと過ごしています。
明日会社で生ける屍にならないように、、、休養休養!&お昼寝~。


↓クリック一つで10ポイント。 お願いしま〜す。
にほんブログ村 バイクブログへ 人気ブログランキングへ


一昨日、昨日、今日の記事にUPできなかったお気に入りの写真は明日以降に掲載していきます。
富士山がメインになりますが、色々チョイスしてみます。

|

« 富士山を見に行こう/ツーリング・その1 | トップページ | 富士山ツーリング後記&写真 »

DS11」カテゴリの記事

コメント

>よっちさん
こんばんわ~。

ありがとうございます。
自分の記事で臨場感を感じてもらえたのはとてもウレシイ限りです。

確かに実際のツーリングでの感動も含めて今回の記事がベストのひとつだと思います。

バイクいじり、ツーリングがストレス解消、悩み解消の一翼であり最大の楽しみになりました。
1年前には考えてもいなかったハマリヨウデス。

夏の富士山、季節限定のバナーです。
秋には紅葉の綺麗な写真が撮影できれば良いな~って思います。
その頃は宮城に復活!です。

投稿: zenx | 2008/07/30 22:53

こんにちは、zenxさん!!

おめでとうございます!!!


> 「やりました!」って気分です。

うわー、自分も臨場感、
同じ気分です!!
前から富士山の事書いてらっしゃいましたものね!!
今回はzenxさんのブログでも
ベストに入る記事になったのでは(^^)??

日頃の色々なストレスや鬱憤を
富士山で晴らす事が出来ましたね☆


で、そっそく今回の画像を
メインに使ってましたね!
これは見てる側にとっての素敵なお土産です(*´ω`)



あ、

> zenxの柔肌に、、、雨が突き刺さります。
> 若干胸元を開けて(セクシ~!)いたので

この辺の突っ込みはスルーで…(笑)


日焼けしちゃったんですね~
アフターケア頑張ってください(^^)

投稿: よっち | 2008/07/30 13:23

こんばんわ~。
今日はマッタリと代休を過ごしていました。


>如月さん
如月さんの方は残念でしたね。
でも、富士山周辺を駆けずり回ること6~7時間、、、富士山の姿を確認できたのは、、、1時間に満たない程度でしたが、幸運に恵まれたと思いたいです。
如月さんも次回は見れますとも!(多分)。


>髭マーリーさん
疲れましたとも~。
富士山が顔を出していたのはほんの数十分。
富士山単独、バイクの角度を変えてと忙しく構図を変えて、、、汗だくでした。

>>最高です!!
ア~、、、トテモ良イ賛辞です!。
ありがとうございます~!。

投稿: zenx | 2008/07/29 23:29

おつかれ~~~。
い~~写真が撮れたね~
まさに売ってる絵葉書のような富士山に思わず目を奪われてしまいました。
最高です!!

投稿: 髭 | 2008/07/29 21:46

うらやましい(泣)
私もいつかはきっと必ず!!!

投稿: 如月 | 2008/07/29 21:36

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山を見に行こう/ツーリング・その2:

« 富士山を見に行こう/ツーリング・その1 | トップページ | 富士山ツーリング後記&写真 »