« はるばるやって来ました「静岡県御殿場市」 | トップページ | 富士山を見に行こう/ツーリング・その2 »

2008/07/28

富士山を見に行こう/ツーリング・その1

こんばんわ~。
静岡県から自宅に戻ってきました~。
実際は14:00くらいに自宅に戻って来たんですが、、、連日の早朝出発と疲労で、、、長いお昼寝に陥っていました。


最初におことわりですが、、、今回のツーリングで撮影した写真が大量にあるので記事は今日と明日の2部構成にさせて下さい。
本当は時を置かずに書きたかったんですが、、、選択した写真が30枚を超えてしまい、、、記事が長くなりすぎてしまうので、、、お許し下さい。

===========================
<<追記:7/29 10:30>>
地図を入れ忘れてしまったので追記します。

Mapfuji01

4号線を南下して北関東自動車道へ。
上三川IC→都賀JCTで東北自動車道へ。
川口料金所で首都高へ。
首都高を抜け、、、東名高速へ。
上三川、浦和、海老名、駒門、裾野のIC、SA、PAで小休憩、休憩をはさむ。
裾野IC以降は469号線、138号線と連絡して、東富士五湖道路で富士吉田へ。
富士スバルラインで5合目へ。
さらに、469号線を戻り、富士宮市から139号線、72号線と連絡し、富士スカイラインへ。
富士の裾野をバイクで走り回るも、、、富士山は見えず。
7月27日の総走行距離は、、、457km。
給油すること2回。
===========================


7月27日・早朝。
ツーリングの準備の再確認を行い、05:45に自宅を出発。
近所の牛丼屋さんで朝食をすませ、、、。

0754

ガソリンスタンドで燃料を補給します。
スタンドに行くと、、、係りの人が小走りにやって来て、、、「集金確認中なので5分ほど待って下さい~!」。
ハヤル心を抑えて、、、若干の食休みをします。
何とか混雑する前に首都高を抜ける為の早朝出発。


0755

天気は、、、ドンヨリと曇り、、、しかも4号線を上三川ICに急ぐ最中に、、、キツメの霧が発生して、、、。
ヘルメットが滴でヌレヌレで、、、視界はイマイチ。
まあ、雨が降るよりは良いかな~、と前向きに考え、、、最終の装備確認をして、、、高速道中スタートです。


0756

急いでいた事もあり、浦和料金所まではノンストップで到達。
ここら辺で霧も薄くなり、ヘルメットの滴も気にならなくなります。
車の交通量は、、、若干少なめでした。


0757

浦和ICから海老名PAまでまたもノンストップで走り続けます。
海老名PAでは給油を行い、しばしの休憩です。
周囲を見渡すと、、、ツーリングに来たバイクが大量に、、、この時点でかなりのいい天気で、、、富士山もバッチリ見えるかな~、なんて能天気に考えていました。


0758

海老名PAを出て、、、裾野ICを目指すのですが、、、途中でのどが渇き、、、熱中症なんかになったら目も当てられないので、、、駒門PAで休憩をとります。
ここで恒例のアイスクリームでもと、、、食券を買い注文すると、、、数秒後、、、係りの人が、、、「アイスクリーマーが故障しました」、、、なにか、、、ついてない。
しょうがないので、、、この暑い中、、、タコヤキ食べました。
タコヤキを食しながら、、、裾野IC以降のルートを確認し、、、装備の点検を行い高速に戻ります。


昨日の記事で書きましたが、、、酷いアクシデントがありました。
特に事故にまつわる様なものではなかったのですが、、、。

0759

裾野ICに向かう途中、、、右のフットボードが軸を中心に、、、回ってしまい、、、写真のような状態に、、、なっちゃいました。
裾野IC横の駐車場で確認したところ、、、フットボードを固定するボルトが緩み、、、外れてしまったようです。
後続車に直撃していなければ良いな~、などと思いつつ、、、これ以降のカーブの際のバランス取りが難しいなと不安になります。
zenxのDS11はフットボードを装着している為に自然に足が開くポジションになります。
従って、ニーグリップは出来ません。
それを補う為に、、、曲がる方向のフットボードを踏ん張ります、、、すると、、、ニーグリップの様な効果が得られます。
これから、、、富士山の5合目、、、明日は箱根の峠と走行することを考えると、、、ヤバシ!。

まあ、、、峠を飛ばしに来た訳でもなし、、、安全運転でいけば、、、イイショ!、、、と開き直り、、、目的地へGO!。


裾野ICで感じたのは、、、メチャクチャ暑いのと、、、周囲の霧?、雲?の厚さです。
陸上自衛隊の演習地からも見えるはずの富士山は、、、皆目見えない。
今日は、、、富士山の周辺をグルーリ1周して写真を撮るつもりでしたが、、、諦めました。
明日行く予定だった、、、富士山の5合目へ行くことに。


0760

富士山の5合目手前です。
霧のせいで、、、何の景色も見えない状態でした。
しかも、、、観光客でゴッタガエシテ、、、引き換えします。
途中で綺麗な風景が見えたところがあったので、、、そっちに行きます。


0761

ガ~ン、、、登りでは晴れていた霧が、、、下りでは、、、発生している。
しかも、、、濃く、深く、、、綺麗だった景色は、、、マ~ッタク見えなくなっちゃいました。
ではでは、、、峠のワインディングを攻めるかというと、、、フットボードが、、、クルクル回って、、、集中できない。
もう「ダメジャン」ってな状態で、、、ホテルへ向かいます。


0762

ホテルへ向かう途中、、、雨が、、、降ってきました。
結構強目に、、、雨が肌に突き刺さってきて、、、痛いの何の、、、肌を露出した部分が赤く腫れます。
コンビニでチョット雨をやり過ごします。
ほんの5分ほどで止みますが、、、バイク、ナビは雨に濡れてしまいました。
ここからホテルまで、、、5分程度ですが、、、心は沈んで、、、凹みまくりです。


0763

富士山の見えるホテル。
そういう触れ込みでしたが、、、富士山は雲に覆われて、、、凹みに拍車を掛けます。
、、、落ち込んでいてもしょうがないので、、、濡れた装備を拭き、、、ジャケット、革パンツを干します。
テレビ、携帯電話の天気を確認、、、明日も晴れるけど、、、曇りマークは外れない。
もしかして、、、富士山を見ることなく帰る?。
これも運次第だから、、、致し方ないかな~、、、と、ボーっとしていると、、、?。


0764

さっきまであった雲が移動して、、、富士山がウッスラとですが姿を現しました。
なにか、、、感動して最初はカメラを向けないでヤッパリ、、、ボーっと見ていました。
多分、富士山が顔を出していたのは、、、30分くらいでしょうか?、、、なにか、、、救われたような気分でした。
フットボードは壊れるは、、、富士山5合目ではエンジンがオーバーヒートするは、、、アイスクリームは食べれないはで、、、凹みまくっていたので、、、感動もヒトシオでした。
この後、富士山は厚く深い雲に覆われて、、、。


まだ、夕食には時間もあったので、、、近くのコンビニへ買い物へ、、、。
富士山が見れたので、、、チョット気分も晴れ、、、お酒とガリガリ君を買いに。


0765

コンビニから帰ると、、、夕陽が沈み掛けて、、、なんと、、、富士山がまた顔を出しています。
西日を受けて、、、逆光で浮き上がる富士山。
さっきの光景も良かったですが、、、この神々しい姿は、、、超~感動的でした。
一時は富士の姿を見ることなくツーリングが終わってしまうんじゃないかと、、、思っていたので、、、得した気分です。
あ~、、、このホテルを選んで良かった、、、「流石俺!、ビバ俺!」、、、訳判りません。


0766

この後、直ぐに富士山はまた隠れるのですが、、、しかし、、、この雲の厚さ、、、ハンパじゃありません。
でも、雲でさえ、、、神々しく見えます。
多分、明日もこの雲で、、、富士山を見るのは難しいのだろうな~と、、、マ、イッカ~!。
見れないと思っていたのだから、、、2回も見れたのダカラ、、、マ、イッカ~!。


0767

しばらくすると、、、ホテルの人から電話があり、、、「雨が降ってきたのでバイクを正面玄関前に駐車して下さい」と連絡を受けます。
は~、、、アリガタイデスネ~、、、これでバイクもビシャ濡れでは、、、踏んだり蹴ったりですもんね~。
いいホテルかもしれません。
あ~、、、このホテルを選んで良かった、、、「流石俺!、ビバ俺!」、、、訳判りません。


0768

夜、何かのお祭りがあったらしく、、、花火も上がっていました。
30~40発くらいで終了でしたが、、、心が和みます。
和みついでに、、、明日の行き先を吟味します。
「箱根の峠」で富士山を見る。
各種マップでお薦めのポイントを頭に叩き込み、、、就寝です。
明日も05:00起きで出発だ~!。


7月27日はこうして終了です。
7月28日は朝から霧三昧。
でも、、、富士山を見ることは、、、出来ました。
この続きは、、、明日UPします。
明日は、、、代休でお休みなので、、、早い時間帯にUPしますので、、、お楽しみに~!。


↓クリック一つで10ポイント。 お願いしま〜す。
にほんブログ村 バイクブログへ 人気ブログランキングへ

|

« はるばるやって来ました「静岡県御殿場市」 | トップページ | 富士山を見に行こう/ツーリング・その2 »

DS11」カテゴリの記事

コメント

>よっちさん
こんばんわ~。

今日(7月29日)の記事が富士山本番です。
堪能してもらえるとウレシイデス。

フットボードが踏むしめられなくて、コーナーはいつも以上にユックリ走らざるを得なく、ある意味安全でした。

そう、フットボード、オーバーヒートと同格のアクシデントとしてエントリーされます。
アイスクリームがメチャクチャ美味しそうな暑さと発汗状態だったんです。

夕方のガリガリ君、オイシュウゴザイマシタ。

投稿: zenx | 2008/07/29 20:37

お!
富士山を見る事が出来たんですね!
次回も期待してます~(^^)


あ、トラブルってこの事だったんですかー、
なるほどなるほど、
アメリカンってフットボード踏ん張って
曲がるんですか。
ビックスクーターとコツが似てるんですね。


ちょっと、地図、笑わせないで下さい(*≧艸≦)!!
ソフト食べられなかったのが
よほど悔しかったと思われ…www
 

投稿: よっち | 2008/07/29 18:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山を見に行こう/ツーリング・その1:

« はるばるやって来ました「静岡県御殿場市」 | トップページ | 富士山を見に行こう/ツーリング・その2 »