« 猪苗代/桧原湖ツーリング・PartⅡ | トップページ | 過去を振返って »

2007/11/01

マフラーのオイタ

「マフラー交換しちゃいました。」で若干書きましたが、「2IN1スラッシュカットマフラー」はノーマルマフラーに比べて「音」は非常に良いのですが「オイタ」が絶えません。
それは何かというと、この、「2IN1スラッシュカットマフラー」は「耐熱、耐温処理」がほとんどされておらず超高温の排気により配管自体も超高温となっており、その高温地獄に被害者続出です。

0021

被害者1
ちょっと前なので判り辛いですが、zenxの右腕の「火傷」です。
めちゃくちゃ熱痛かった。 後輪にチェーンを掛ける時にほんの一瞬触れただけでしたが水脹れを伴い見た目大火傷でした。

0022

被害者2
お気に入りのジーンズ。
色のあせ方が絶妙に綺麗でとっても気にいっていたのですが、、、、お陀仏。

0023

被害者3
雨合羽。
雨の中、ピニールの焦げる嫌な匂いと共に大量の白煙が立ちこめ、一瞬何が起こったか判らない程でした。

0024

被害者4
革製チャップス。
防寒用と何となくカッコいいかなと買った一品。
買って2、3度しか履いていなかったのに。 メチャクチャショック、ショック、ショックだ!。

0025

被害者激増、被害甚大に対処するためにマフラーガードを購入し、装着してみました。
エンジンを掛けるまでは良さゲな雰囲気で満足して写真を撮りましたが、、、熱伝導で効果無し。
どんだけ熱いんだ~~。

0026

それでは、配管表面の温度を下げれば良いかな~と「グラスウール」を購入し巻いてみました。
「セラミックコーティング/耐熱900℃」のうたい文句。
これは効果絶大!。 これからは火傷もジーンズ破壊も免れるかな~と思いつつ、、、、。
「うん、若干高温になるけどジーンズが焼ける程ではないかなー」、、、、、。
運転20分後、マフラー配管周囲から白い煙がモクモクと発生。
耐熱グラスが焼けるってどんだけ高温だよ!!。 まあ、一旦グラスが溶けて硬質化したみたいなのでナントカなりそうです、、、、もうちょっと工夫する必要がありそうです。

現在はマフラーの対策に加え右足のガードを考えています。
何か良いアイディアがないか日々悩み続けています。

|

« 猪苗代/桧原湖ツーリング・PartⅡ | トップページ | 過去を振返って »

DS11」カテゴリの記事

コメント

ようやく過去ネタが終了しました。
これからはOn Time ネタを書いていきます。
でも、ネタに詰まったら過去ネタもあるかもしれません。
何かコメントが有れば記載下さい。

投稿: zenx | 2007/11/02 00:03

この記事へのコメントは終了しました。

« 猪苗代/桧原湖ツーリング・PartⅡ | トップページ | 過去を振返って »