« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の17件の記事

2007/11/25

竜化の滝/写真

今日は朝から全身筋肉痛です。
昨日の「竜化の滝」ツーリングでのアスレティック・散策の後遺症のせいでボロボロです。
さすがにバイクには火は入れず、マッタリと過ごしています。

さて、恒例のツーリング明けの写真のUPです。

0088

これは入り口直ぐの片吊橋です。 幅は2m程度、2人が余裕ですれ違い可能です。
ほとんど揺れないので恐怖感はありません。 進むにつれて道路から離れて高低差は4~5mになります。
右側には車道、箒川、左側には急斜面の山肌。

0089

これは、「材木のような岩」です。 昨日も説明しましたが、溶岩流が冷却時に収縮した「材木岩」というもので栃木県の天然記念物なんだとか。
説明の看板が汚れていて読み難い。 観光地なんだからメンテナンスはこまめにネ。

0090

これは道路を挟んだ先にある「布滝」の別角度バージョンです。
しかし、栃木の川って流れが激しいですね。 ここ何ヶ月か観光地に行きまくってるけど、、、みんなこんな感じです。
まあ、滝巡りが多いので流れの急な所が多いんでしょうね。

0091

さらに進むと「竜化の橋」。
この吊橋が揺れる揺れる。 対向で渡っていると左右上下にランダムに揺れて、、、zenx的には面白いですが、、、おばちゃん達は「ギャー、ギャー」うるさいことこの上無し。

0092

さらに進むと、、、「飛拳の滝」別角度バージョン。
どうですか?、やっぱり流れが激しいですよね。
「飛拳」、、、「拳が飛ぶ」、、、「ラッシュパンチ?」。 確かに流れが激しいので納得?。

0093

そんでもって、「竜化の滝」です。 別角度バージョンと言いたい所ですが、、、滝の構造上、正面からしか撮影が出来ないため昨日の写真と構図が似ちゃっています(あしからず)。
しかし、これで人工物でなく自然の営みが創ったんですねー。
苔むした岩肌がわざとらしいくらい風情がありますね~。

0094

この「竜化の滝」周辺の川に共通に言える事ですが、水がとても綺麗で澄んでいます。
どこかのHPでも書いていましたがまさに「清流」。 透き通り、濁り無く、川底が完全丸見え状態です。
なるほど「塩原十名瀑の一」は伊達ではない様ですね。

0095

話はガラーっと変わりますが、今日ホームセンターでこんなものを買ってきました。
何に使うかは、、、そのうちブログに載せます。
ハンドル周りに色々アイテムを装着したいと思っていたので、乞うご期待!(そんなにたいした内容では有りませんが)。

| | コメント (1)

2007/11/24

竜化の滝/紅葉見物・ツーリング

天気は上々。 でも肌寒い。 そんな一日でした。
そんな中、今週も栃木観光地巡りツーリングに行ってきました。
目的地は、、、先週行った「もみじ谷大吊橋」の先10km位にある「竜化の滝」です。
塩原十大瀑のトップの規模を誇る滝だそうです。

Map10

今回は肌寒さもあったので東北道で西那須野塩原まで行き、そこから400号線1本で目的地に到着という単純な道程になりました。 「もみじ谷大吊橋」を越えると道はかなり曲りくねり峠小僧だったら喜ぶようなワインディングが数km続きますが、、、「3連休真っ只中、行楽シーズン真っ只中」のため家族連れの車でイッパイ(残念だな~。 コーナー攻めたかったのに。、、、ウソです。 助かりました。)。

0080

などと思っている間に目的地に到着。 舗装されていない駐車場にバイクを止め休憩。
周囲は山、山、山、そして川。 自然にバイク。 なんかマッチしません?。
いつも通りにタバコを吸いつつ、「小岩井ミルクとコーヒー」を飲む。 好きなんです。

Map11

さて、休憩後「竜化の滝」への散策道へ向かいます。
散策道入り口の地図です。 何気無く写しましたが、、、散策道どころか難関アスレティックの地図でした。
傾斜はきついし、アップダウンはすごいわ、「竜化の滝」まで結構な距離はあるは、、、メタボチックなzenxには「大変なこと山の如し」でした。

0081

大変さを物語るように散策道に入って直後、「落石注意」の看板が。 さらにいたる所に「クマ出没、注意」の看板が立っていました。
入り口からは階段→山の側面に配置した片吊橋で山を登っていきます。
途中、山肌が露になった所があり、「材木のような岩」という看板があり「何じゃそれ?」とも思いましたが、、、溶岩流が冷却時に収縮した「材木岩」というもので天然記念物なんだとか。

0082

さらに進むと道路を挟み下方に「布滝」が見えます。 入り口から約5分。 この時点でゼイゼイ。
そういえば、会社で現在「生活習慣改善プログラム(通称メタボの会)」を受けているzenxは先週もカウンセラーに「運動しないと死ぬよ~」と説教されたのですが、、、「なるほど」納得しました。 体力無さすぎ。 脳梗塞も近いかも、、、頑張って運動しよっと!。 先ずはこの散策道を制覇してみます。

0083

さらに進むと、「飛拳の滝」、、、もお「目がカスム」。 ここで小休止。 さすがにこの自然の中でタバコを吸うほど傍若無人でもヘビースモーカー&アウトロー(無法者)でも無いので、、、かなりお利口さんに休憩していました。
この自然の中、上下革、靴も革ブーツもどき、でゼイゼイいってるおっちゃんが片隅で佇んでいたら、、、不気味に浮きますよね(本人は疲れで沈んでるけどね)。
「飛拳の滝」は小さいながらも流れが激しい滝でした。

0084

ようやく「竜化の滝」の看板が見えてきます。 
「小っさ!」、、、「えー、この苦労でこの小ささは信じられねー!!」
「倒れるー!!!」、、、帰りの道で倒れている自分を容易に想像できました。 モチベーション激減。 というか、「マイナス」状態に叩きおとされました。

0085

などと思いつつさらに近づいて行くと、、、滝の正面は奥まっていて離れていると全体が見えないというオチでした。
「おー。絶景!」なんか滝が3段になっており幅が狭いが故に確かに「竜」になぞらえたのが解るようでした。
さらに上方に木々、霞の掛かった様な空の構図が何ともはや、、、中国の水墨画を思わせるようで良いですね。
先程のギャップ、疲労も相まって「感動」でした。
さすがに今回は「神龍(シェンロン)」の像は有りませんでした。
感動もしたし、駐車場へ戻ります。 傾斜はきついし、アップダウンも激しい帰り道をゼイゼイ、ヒイヒイ言いながらトボトボと歩きます。
山の下りって怖いね~。 滑って転げ落ちた時の映像が頭をヨギリまくります。
行きよりもユックリ、慎重に歩きました。 ハイ。

0087

先週に引続き汗だくで疲労困憊。 上着を脱ぎ、Tシャツ1丁には寒くてさすがになれませんが、腕捲りでクールダウンすること30分。
往復で3kmくらい歩いただろうか、、、太股パンパンで明日は筋肉痛確実です。
本当は、この後15km離れた「乙女の滝」へ行くつもりでしたが、、、、「死相」が見えるので断念。
次の機会にします。

「竜化の滝」かなりキツいアスレティックコースでした。
でも、良い紅葉/滝見物でした。

| | コメント (1)

2007/11/23

出張にて、、、

今日は勤労感謝の日。 国民の休日です。
しかし、週休2日制を維持するために多くの企業では普通に今日は出勤日だったりします。

今日が一般的に休日だったことを忘れていて大変な目に遭いました。

今日、朝から付き合いのあるメーカーへ直行で立会いへ出掛け、その後試作品を携え出張へ向かいます。
メーカーへの来訪時間、メーカーの製作時間、出来栄えは予定通り。 その後、新幹線で移動するために駅へ向かいます。 大型の幹線道路を走行中にツーリングと思われる一団が結構見かけられました。 さらに、家族連れのウォーキングラリー等も見掛けました。 この時点で国民の休日であることに気付けば良かった。
この日は出張先に早く着ければ着けるほど良い内容だったので、、、、焦りもあり忘れていました。

予定の新幹線発車時間に余裕で間に合い、発着ホームの一番スミにある喫煙所へ向かい、、、「なんだ?人が多いな。」と思いましたがやはり気付かず、新幹線に乗り込むと、、、座席、通路、デッキ等すべてが人、ひと、ヒトで埋まっていました。
何とかデッキに乗り込むことは出来ましたが、、、かなり窮屈な格好で郡山(30分)まで過ごさざる得ない状態に叩き込まれました。
普段の出張ではガラガラの室内で朝食兼昼食を摂りながら週刊誌を読むのですが、、、、そんな余裕&隙間は皆無でした。
さらに、新幹線の時間を1本早いのに乗ってしまったようで目的地の「白石蔵王」に停車しない特急新幹線だということに気付いてしまいました。
さすがにこの時点で「勤労感謝の日」にも気付き二重の失敗(休日であれば指定ないしグリーンを予約するのに、、、)に頭がクラクラし、案山子の様に立ち尽くすのみ(まさに立ちっ放し)。
しょうがないので「仙台駅」まで行き、折り返しの上り鈍行新幹線に乗り込み「白石蔵王」へ。

0079

この写真は「白石蔵王」手前で撮影した蔵王のスキー場付近です。 先週からここ宮城県でも雪が降り始めており、若干の積雪量を記録しています。
まだ十分な積雪には程遠いのでしょうがスキー場は大喜びだったとか(タクシーの運ちゃん談)。

0078

この写真はリターン時に乗った上り新幹線が「白石蔵王」から東京へ向けて発車した直後のものです。
結局、下りで1本早い特急に乗ったことと、折り返しでほとんど待つことなく連絡出来たことで予定時間より9分早く「白石蔵王」に到着出来ました、、、、結果オーライということで、、、ラッキー!?。

仕事を終え、帰りは指定座席を予約し新幹線に乗り込むと、、、ガラガラ。
まーこんなもんかな~と思いつつ、行きで飲めなかった冷えた缶コーヒーとサンドウィッチ、オニギリを頬張り(朝昼晩兼用の食事です)帰宅の途に着きます。

明日、明後日の土日は天気良好、気温高めだそうでツーリングに最適になりそうです。
今晩は、明日以降どこに行くか色々考えてみようと思っています。 意外にこの目的地を決めている時が楽しかったりします。 天気予報よ「当たれ~!」。

| | コメント (1)

2007/11/21

サイドバー色々ブログパーツ

昨日からサイドバーにブログパーツを色々設置してみては外し、設置してみては並び替えています。
見た感じ「ゴテゴテならない様に、それでいて派手」にをコンセプトにしてみました。

1.「Weather Sticker β」/サイバーエリアリサーチ:先週から設置している天気予報です。
 ブログを見に来た人の位置を測定しそのエリアの天気を表示します。
 ツーリング計画に活かせればと思い設置しています。

2.「時計」/KUROYA:キャラクター時計です。
 ブログカラー、サイドバーカラーに合っているかなと設置しました(1ヶ月くらい前から)。

3.「CIVIC TYPE-Rデモ」/本田技研工業:昨日(11/19)から設置しました。
 まー、zenxの親会社なので載せてみました。 最近、後輩が購入していました。

4.「HONDAの名車」/本田技研工業:(11/19)から設置しました。
 まー、zenxの親会社なので載せてみました(同上)。
 zenx的には「5/17:CB 750 FOUR」が懐かしさもあり好きですね。

5.「PIXIE」/BlogDeco:ブログにUPした写真をランダムに表示します。
 今日(11/21)設置しました。 ブログに興味を示してもらえれば良いかな~と。
 ちょと表示切替が速過ぎるかな~と思っています。

今後も面白そうなブログパーツが有れば設置していきます。 あまり難しいのはNGですが。

| | コメント (1)

2007/11/19

龍門の滝/写真

なんか恒例になりつつある写真のUPです。
ありがたいことに最近「ブックマーク/お気に入り」に登録してくれている方もいらっしゃるようなので頻繁にUPしたいと思っています。
でも、仕事もあることなので基本は休日、休暇時のUPがメインで早く帰宅できた時のUPはオマケということで細く長く続けていければと思っています。

0072

駐車場を出て直ぐ右手の橋を渡らず少し下ると茶店屋が有り、その奥に「龍門の滝」入り口があります。
そこから橋を渡るとこの案内板があります。 龍門の滝/大平寺の周辺はそんなに広いわけでは有りませんが、こんな案内板が随所にあり分かり易さに好感が持てます(方向音痴のzenxはそう思う)。

0073

昨日も書きましたがこの滝の散策コースは意外に高低差があり、土の階段(木目風のセメント補強)で昇り降りをしなければなりません。 zenxはバイク用に購入したブーツ(バイク専用ではない)で行ったので滑らない様にかなり気を使いました(おかげで滑ることは有りませんでした)。 靴底のしっかりした運動靴がベストだと思います。

0074

滝の直ぐ上には道路が通っており、さらにその奥にはJR烏山線が通っており1時間に1本(基本)の割合で電車が通行します。
zenxはその最大のチャンスをボーっとしていて逃してしまいました。 昨日の天気で紅葉、滝の飛沫、スローな電車の走行。 絵になると思うのですが、、、残念。

0075

滝から江川へ流れは続き、2匹の龍の絵を望み下流へと向かっていきます。
写真左が滝の支流で子供?龍(説明文では滝中断に雄釜と雌釜という侵食穴が有る云々)なのでしょう。

0076

道々、こんな木製の橋が掛けてあります。 枯葉が敷き詰めてあり風情があります。
観光客も滝を見、木々の紅葉に振り返り立ち止り、立ち止り進んでいきます。 人があまり多くないのが良いですね。
自分のペースで散策できる余裕が楽しいですね。

0077

神社仏閣好きではないので「大平寺」はUPしないかと思いましたが、、、昨日のブログで間違って「太平寺」と「太」の文字を使ってしまったので訂正の意味も兼ね1枚UPします。
題して「紅葉とお地蔵さん」。 捻り無し。

「龍門の滝」は結構zenx的に気に入りました。 今日、会社でも周囲に「良かったよ~」と触れて廻りました。 マジで。

| | コメント (1)

2007/11/18

龍門の滝/紅葉見物・ツーリング

朝起きて外を見ると天気予報通りに良い天気です。
さっそく着替えて、準備準備。 いつもの装備に昨日買ったストレッチマスクカバー、タンクバックを持ってバイクの元へ。
各装備をバイクへ装着し、ナビの設定。

Map09

今日の目的地は非常に近場の「龍門の滝」です。
自宅から約20km。 県道10号線を烏山方向へ13~14km走り、「神長」で右折(「龍門の滝へ」の看板があるので分かり易い)、そこから数kmで到着。
ただし、公園への入り口、駐車場が判らず5分ほど周辺でウロウロしてしまいました。

0065

駐車場で休憩後、徒歩で散策。 天気が良いせいか陽射しも強くなってきて、革ジャン革パンツでは汗ばむくらいでした。
観光客は、、、やっぱりホドホド。 あまりメジャーな所ではないようですね。 茶店も「水辺公園」入り口の両サイドにチンマリ有る位でした。

0066

入り口すぐの橋から撮った1枚。 木々が色付き陽射しに照らされ綺麗でした。
多分、今日が最も紅葉見物に適していたかもしれません。
やっぱり陽射しが暖かく汗が噴出してきます。

0067

入り口から5分ほど歩くと、、、滝が見えてきます。 滝の付近に行くためには結構UP-DOWNのある階段が続きます。 意外に小さな滝ですが流量は多く、近くまで行くと水飛沫が舞っていてメガネはビチョビチョになってしまいました。

0068

滝の傍に2匹の龍の絵が描かれており、どうやら滝の本流とその右側に小さな支流があるのですがそれを親子?の龍と捉えているのかもしれません(近くに由来を書いた立て札があったのですが読んでません)。
1つ前の写真の右側の支流が子供龍なのでしょう。

0069_2

滝の近くに資料館風の建物が有り、お土産と「龍」伝説の説明があり、小っちゃなシアターホールでは、「ドラゴンボールの神龍(シェンロン)」よろしく、野太い声で「汝の願いを叶えてやろう。云々」とアナウンスされていました。
小さな女の子はこの龍がいたく怖かったようでお父さんの足にしがみ付きシアターに入るのを拒んでいました。

0070

滝の近くには「太平寺」という坂上田村麻呂が蝦夷地討伐のおりに立寄り必勝祈願したお寺があります。
かなり小さいですが歴史があるお寺だそうです。 二王像、風神像等々が文化財に指定されていると説明がありました。

0071

この周辺には滝、太平寺をぐるりと廻れる散策道があるのですが、、、疲れるのと汗が止まらないので遠慮してしまいました。
駐車場に戻り記念写真。 本当にホントニ暖かく、体感で20℃以上だったので革ジャンを脱ぎ、汗を乾かしながら撮影したのが左。 右は昨日購入したタンクバッグ(mio323ナビ用)です。 普段ナビは裸の状態で固定治具に装着していますが、雨の際に壊れてしまいそうで購入しました。 従って、普段は小物入れ兼高速道料金所対応の小銭入れとして活用していきます。
左の写真のシーシバーに括り付けた出張用バッグですが、小物入れ、メインの収納スペースのジッパーが外から開け放題だったので防犯と雨対策用にストレッチマスクカバー(フックで荷物を固定するアレ)を装着する様にしました。
そのうち鍵で防犯性を向上させようと考えています。

「龍門の滝」、自宅からかなり近いですが紅葉見物としては最も見頃で天気も極上だったので気持ちの良いショート・ツーリングでした。 

| | コメント (1)

2007/11/17

もみじ谷大吊橋/写真

昨日行って来た「もみじ谷大吊橋」の写真もちょっと掲載します。

0059

これは駐車場近くの観覧スペースから撮影したものです。
紅葉が色付き真っ赤になっています。 後方の山々はまだ色付いていません。 陽射しの関係、木々の種類で色付き具合、時期に差が出ているのでしょうね。

0060

んー、良い感じに撮れたと思います。 吊橋の上からの撮影なのでロープが写っちゃてます。
でも、水面に山々が写ってそれっぽいですね。 もう少し紅葉の色々が水面に反映されれば良かったかな~。

0061

この吊橋320mもありますが、、、幅1.5m。 2人がすれ違うのがやっとです。  zenxは高所恐怖症という訳ではないのですが、若干高いとこは苦手です。 でも少し揺れるものの恐怖心は有りません。
意外に頑強な造りなためと観光客の老人達が元気にしゃべくりながらスタスタ歩いていたので。
写真を撮ってはいないのですが橋の中央部は網状?になっていて真下が見えるようになっていました。

0062

橋の向こう側には小さな公園、展望スペース、食事処、トイレ等があります。
1周するのに10分位ですかね。 池、モニュメントなんか設置してあり何か工夫の跡が伺えますが、、、景観に負けていますね。
平日だったためか食事処は閑散としていました。

0063

公園の最奥部には塩原ダムの放水所があり、勢い良く放水をしていました。
ここ数ヶ月の大雨、台風の影響でしょうね。 かなり勢いが良かったとです。
放水所の上にはあまりのも不釣合いな年の差カップルが、、、、(何かブログのジャンルが変わりそうなのでここまで)。

0064

最後に、「日本一」だそうです。 多分「無補剛桁歩道」でということなのでしょう。
滞在時間1時間30分程度でしたが景色、景観は極上でした。 紅葉ももう少し深まると思います。
今週末、来週以降も楽しめそうです。
高速「西那須野塩原IC」からあっという間ですし行かれてみてはどうでしょう?。

| | コメント (1)

2007/11/16

もみじ谷大吊橋/紅葉見物・ツーリング

今日は金曜日。 有給休暇です。 先日バイク屋から連絡があった「ステップボード」を装着しにバイク屋へ向かいます。
先週は土日共に雨だったため2週間ぶりのエンジン始動。 案の定「キュルルルル」を繰返しエンジンは掛かりません。
イモビライザーを標準で装備しているため2週間以上エンジンを掛けないとバッテリーがあがってしまうことが良くあります。 車のバッテリーと直結し、エンジン始動。 

0053

バイク屋には20分で到着。 先日マフラーを交換してくれたお兄ちゃんがステップボードを交換してくれます。
何か手間取っている様子で約1時間程作業を続け装着完了。
見た感じステップボードがサイドにせり出しているなーというのが第1印象です。 するとバイク屋の兄ちゃん曰く「かなりデッパてるので車体を倒すとステップを削りますよ」と忠告してくれました。

一旦昼食を摂るために自宅周辺へ戻ります。 途中、大き目の十字路をユックリ、車体をねかせつつ右折すると、、、、「ガリガリガリ、、、」と奇声を発します。 「エー、そんなにねかしてないのにー」、、、これでは峠なんか攻められないですね(残念?)。 これでツーリングの際のヘタレ・コーナーリングの言い訳を胸を張って言えそうです(喜んで良いんだっけ?)。

食事を摂り、自宅へ戻り「純正ステップ」を置き、ツーリングの準備をします。
天気は肌寒く、曇りがちです。 ここ最近の上下革装備だけでは寒そうだったのでオーバーウェアを1着上半身に着込み準備OK。

Map08_2

目的地は「もみじ谷大吊橋(那須塩原市関谷)」です。 
先日、栃木県内の観光スポットをネットで見ていて紅葉もそろそろ見頃、自宅から70~80Kmと日帰りに良さそうということで決めました。
自宅から烏山へ移動し、294号線→400号線(一部4号線)→もみじ谷大吊橋のルートです。 高速道路であれば西那須野塩原ICから10~15分程度です。
目的地直前にきついコーナーが少しある程度でアメリカンバイクでもさほどビビリません(ステップボードはガリガリ言ってましたけど)。

0055

目的地に到着。 さすがに平日だけあって観光客はボチボチ。 駐車場も半分くらいの入りでした。
バイクを停車させ、先ずは離れた所から吊橋と紅葉を1枚。
人工物と自然の紅葉。 調和が無い様でいて何か調律されている様な、、、。
時刻は15:00。 西日が強く、気温は9℃。 今回は逆光気味の写真がいい味を出します。

0056

次は吊橋から撮影したものです。
もろ西日の逆光を受けた写真です。 写真のプロでも写真が趣味でもないので専門家的には悪い写真なのかもしれませんがzenx的には西日に紅葉が映え「綺麗」と感じます。
惜しむらくは「塩原ダム水面の流木、ゴミ」が景観を壊します。 ここ数ヶ月の大雨、台風の影響なので責められませんが。

0057

この「もみじ谷大吊橋」は無補剛桁歩道なんだそうです。 要は橋桁で支えるのではなく、ワイヤーロープを横に張り吊橋を支えているのだそうです。
長さ:320m  幅:1.5m  主塔の高さ:26.2m
名物は、、、zenxは間食しないので気付きませんでした。 コーヒー飲んで、喫煙のみです。

帰りは「寒さ」と「夕暮れ」に負け西那須野塩原IC→矢板IC→4号線で自宅に帰りました。

0058

往復150kmの短いツーリングでしたが、「ステップボード」慣らしにはちょうど良い距離だったかもしれません。
最初はギヤチェンジに違和感がありオッカナビックリでしたが「ギヤ一定」の巡航ではとたんに楽になります。
ワインディングもコツ(リーンアウト)を掴めばある程度はこなせそうです(積極的には攻めないけど)。
この写真でも解る様にやっぱりステップボードは横に突き出ているネ(真正面から見ると今まで以上にゴツサ倍増です)。

あー、そう言えば先週のお買い物の効果は、、、以下に。
 ①「ミニジャック-超ミニジャック変換コネクタ」:予定通り
 ②「3バンドラジオ」:今回はナビだったので、、、、。
 ③「耳かけ式ステレオヘッドフォン」:装着時はOKもヘルメット脱着時にイヤフォン部が大きくちょっと耳が痛い。
 ④「ズボンクリップ」:これは良かったですね。革パンツの裾を固定すればマフラー、配管に接触することも無く、今回の「ステップボード」で足の位置が外側になったのもこうじて下半身アイテムを焼かなくて済みそうです。

明日は土曜日。 かなり寒くなるとか。 でも、どこに行こうかな~。

| | コメント (1)

2007/11/13

実は車も今年、、、。

0046

「バイク始めました。」ですが、実は車も今年買い替えてしまったのです。
大型自動二輪免許を取る4ヶ月前の3月9日に納車されたホンダ/ストリーム2.0RSZです。
2,000ccの車格のわりに燃費が街乗り12km/l、高速遠乗りで13.5km/lと購入当初はびっくりしました。

0047

内装も黒は落着いていて良い具合です。
仕事(出張)で乗回し半年で約9,000kmを走りました。
出張での自家用車使用が禁止され走行距離の伸びは急速に減り、バイク購入により休日の使用も減る傾向ですが燃費、操作性の良さ、スタイルのゴツサ等とても気にいっています。

0048

この写真は取引先の工場の取締役さんの社用者(左)と並んだ時に撮影したものです。
結構人気があり、街のりでチョクチョク見かけます。 ちなみに、zenxの会社の公用車は赤の1.8lです。
親会社の売上げに貢献しています(バイクはヤマハだけどネ)。

しかし、車とバイクの車検が同じ年にやって来るのはすごい恐怖です。 車は結構考えに考えて購入しましたが、バイクは、、、、衝動買いモード炸裂だったのでちょっと反省しています。 でも、毎週末が楽しみで待ち遠しいなんて小学生以来?な気持ちでいられるのなら「いっかー」とも思っています。
車検貯金も始めないと。

今週末はどうやら晴れが続きそうです。 先週末の雨の土日に考えていた「龍門の滝→乙女の滝→もみじ谷大吊橋」栃木紅葉ショートツーリング(片道92km)を決行しようと考えています。

| | コメント (1)

2007/11/11

続・雨、雨、雨

0044_2


11/11(日)、昨日から引続き今日も雨です。
可哀想にDS11は今日もカバーを被りヒッソリ雨に打たれております。
昨日の天気予報では午後から快晴とのことでしたが、、、、ハズレ。

そんなことで、このブログをいじくっていました。 表示画面を「左」サイドバーから「左右」サイドバーに変更し、時計とアクセスカウンターを設置してみました。
サイドバー変更によりバナーも大きくしなければならなかったので画像も追加しました。
カウンターは10/27(土)で「0」リセットした数字です。

多分今日もバイクには乗れないで陽が沈むのでしょう。
0045

そんな中、バイク屋の親父から電話が掛かってきて「ステップボードがようやく入荷したよ~。」との連絡でした。
実は7月27日の契約時点でステップボードも購入していたのですが、メーカーの在庫が無いと遅れ、そのまま廃番となってしまい、、、「純正じゃなくてもいいから探して~」とお願いしていたものです。
まあ、気分を変えて来週ステップボードを装着することを楽しみに週末を過ごします。

来週も雨だったらどうしましょう?。 今日現在の週間天気予報では「晴れ時々曇り」なので大丈夫そうですが、、、しかも来週の金曜日は有休予定です。 絶対晴れろー、というか晴れて下さい。お願いします。

| | コメント (0)

2007/11/10

雨、雨、雨

11/10(土)。
11/9(金)の夜から降り始めた雨は今日も引き続き降っていました。 明日も「雨」の予報です。 午後からは晴れそうですが、、、週末が雨だとホリデー・バイカーはへこみますね。

そんな訳で今日はバイクに火も入れず、お買い物をしていました。 ナビ用の「ミニジャック-超ミニジャック変換コネクタ」、「3バンドラジオ」、「耳かけ式ステレオヘッドフォン」、「ズボンクリップ」他です。
実は先日の「鳴子/紅葉見物風ツーリング」の帰りの高速道路にてナビ付属の変換コネクタが外れ道路に落下してしまったのです(イヤフォンは耳にに引っ掛かり落下はまのがれました)。
さすがに高速巡航中に路側帯に停車して取りに行くわけにも行かず、、、お陀仏。 そんな訳で購入しました。
ラジオに関しては道が分かっているツーリングの場合、ナビの活躍の場はありません。 従って何か暇つぶしがないかなーとAM、FM、TV音声の受信が可能な小型のものを購入しました。
しかし、zenxの自宅近辺は電波の受信状況が非常に悪く、AMのNHKすら受信できないために動作確認すら出来ませんでした(今度のツーリングで確認してみます)。
ヘッドフォンは今迄使用したものは耳穴に挿入する一般的な物でしたが、バイク運転中に耳から外れ(ヘルメット内部、耳元に留まるのでナビの音声は聞こえる)たりしたため、耳から外れないワイヤーフック式の物を購入してみました。
ズボンクリップは自転車用のズボンの裾がチェーンに絡まらない様にするゴムとマジックテープのアレです。
これで革パンツの裾を纏めておけばマフラー、配管に触れることが少なくなるかなと購入しました。

上記は特にバイク専門店で購入したわけでなく近所のホームセンターで1時間ほどブラブラして「あーでもない、こーでもない」と熟考&衝動的に買っちゃいました。

それぞれの効果は、、、、晴れたときに確認してみます。

今回は写真も無いので、、、、「猪苗代/桧原湖ツーリング」の時に桧原湖の駐車場で見かけた「ハーレー3台」を乗せてみました。 やっぱりハーレーは良いですね。 いつかはオーナーになりたいですが、新車だとそれなりの自動車が買えちゃうんですよね。

0043

| | コメント (0)

2007/11/07

鳴子峡/写真

11/4「鳴子/紅葉見物・ツーリング」に対して「鳴子峡」、「紅葉」のキーワードで検索で訪れてくれた方が多数いらっしゃったので当日UPした以外の写真も掲載します。

0039

0040

0041

0042

1番目の写真は11/4の写真と共に朝日を強く受け紅葉をより強調した偶然の賜物によりGETしたものです。

2番目の写真は1番目の写真を撮影した橋を撮ってみました。 実際の紅葉具合はこんな感じでした。

3番目の写真は数日前に崩落したという下流への道跡?付近から撮影したトンネル周辺です。

4番目の写真は風になびいた木の葉を撮影したのですが、、、、小さくて判らないかな~。

zenxのお気に入りはやっぱり11/4の1枚と今日の1番目です。 朝日の影響を受け、とても美しい(実際に肉眼ででみた風景はもっと美しかったです)。
ちなみにこの2枚は多分早朝の霧がはれ、朝日が低い位置から射し朝露に乱反射してこんな風に写ったのだと思います。
早朝ツーリングで行った偶然の産物だと思います。 しかも、人ごみのなかモニターを見ずにカメラを上に上げ手撮りで撮影したものです(当然、zenxに高度な写真撮影の技術、知識はありません)。

断言は出来ませんが、11/4が紅葉の最も良い状態ではなかったと思います。 今週はもっと紅葉が深まっていくと思いますが、枯葉が風に舞っていたこともあり来週はどうなるかは判りません。

もし「鳴子峡」へ行かれるならば速い方が良いかも(行かれる前に観光案内などで情報を収集していくことをお勧めします)。

| | コメント (0)

2007/11/04

鳴子/紅葉見物・ツーリング

0033

昨日、友人Sと約束した場所に06:20位に到着。
ちょっと早く着いたので缶コーヒーを買い、煙草を吸いながら何時もの様に写真撮影していると、、、やって来ました。
やはり土着民、防寒対策は万全。


0034

上下共に暖かアイテム満載です。
てな訳で、、、一緒にコーヒーを飲みながらルート確認。
4号線を北上し古川。 大衡村から457号線で岩出山へ。
岩出山から47号線を直進で鳴子温泉、鳴子峡へ到着です。

0035

ルート確認後、記念撮影(なんか、、、朝日を受けて茶髪に見える、、、中村ノリ?、、、メチャクチャ・イカツ~イ)をかまし、出発です。
出発直後の仙台の気温は11℃。 まあ、陽が昇れば、、、、。 4号線に出て古川8℃、大衡村~鳴子5℃、、、。 陽の昇りよりも北上による温度低下の方が早く、防寒対策バッチリでも寒いものは寒いのでした。

集合場所から約80km、2時間弱で目的の地「鳴子峡」へ到着。
紅葉の見ごろ時期もあり、9時前にもかかわらず観光客で賑わいを見せていました。

0036

なるほど、山は様々な色に色づき美しい風景を見せてくれます(似つかわしくないのは、、、プロ気取りのカメラ親父達、、、、通行の妨げになるくらい湧いていました)。
この歳になるまで紅葉見物なんかしたことがありませんでしたが、、、綺麗なものですね。
綺麗な景色を見ながら友人Sと朝食(zenxは天ぷら蕎麦、友人Sは天ぷら玉子蕎麦)を摂り、長めの休憩タイム。
何でも下流に下りるトンネルが崩落しており行けないのだか、、、、まあ、これ以上体力を使うのも帰りの行程に響くので、、、、許す。

などと友人Sと紅葉見物を満喫し、家路へと着くのでした。

帰りは47号線から東北自動車道/古川ICへ上り矢板ICへと向かいます。
途中で菅生PAでガソリン補給、小休憩。

0037

菅生PAはフル装備でいつも大勢の人で賑わっています。 今日もやはり賑わっていました。
目立たないようにPAの隅っこで休憩していると、、、観光バスのおじいちゃんが寄って来てなんやかんや聞いてくる。
休憩にならない、、、、が、人当たりは良い方なので応えてしまう(やっぱり休憩にならない)。
しょうがないので何時もの休憩ポイント2でゆっくり休憩することにし出発。


良くいく休憩ポイントまでほんの120km。 約1時間後に到着。

0038

ここ「鏡石PA」も「福島松川PA」同様、静かな休憩ポイントです。 ここでゆっくり休憩を摂り、自宅まで約100km。
今回は特に「ビビリモード全開」は封印で安全かつ快適なバイクタイムでした。

あー、さらに今回は新調した革パンツは焼けませんでした。 ワインディングを攻める機会もなく、ニーグリップで車体をコントロールすることがなかったので膝がマフラーに触れることもなく無事生還しました。
今後はワインディングで攻めず、足を開きつつ走れば革パンツ、ジーンズも焼けることはない?(ニーグリップせずにコーナーを曲がるとガクガク挙動不審になりそうです)。

| | コメント (2)

2007/11/03

仙台に戻ってきました。

今週末は仙台に戻ってきています。
そろそろ福島、宮城と寒くなりバイクで北上するのは厳しいかな~と思い始める今日この頃。
本格的な冬到来前にもう一度実家を拠点にショ-トツーリングしようと思い今日移動してきました。

いつもの様にDS11にシーシバーを装着し「出張用キャスターバッグ」を括り付け着替え、パソコン、雨具類、デジカメ等々を放り込み、ハンドルにナビを取り付けて準備OK。
装備は上半身はTシャツ、長袖のYシャツ、革ジャン(インナー、ガード類フル装備)、下半身はハーフパンツ(モモヒキとかには抵抗があるので太腿までのタイプ)、革チャップスがマフラーに焼かれてしまったので先々週購入した革パンツ、踝までのハーフの靴下、やはり先々週「靴流通センター?」で購入した2,980円のハーフブーツ(モドキ)で極めてみました。 あ、さらに革パンツの下にはオフロード用のニーガードを装着してみました。
頭部は黒のフェイスウォーマー、黒のサングラス(Mr.マリックタイプ?)を装着して全身黒尽くめの「いかにもな格好」になってしまいました。
バイク購入時は「いかにもな格好じゃなく、ラフに極めたいから」等と周囲に話していたのですが、、、、防寒を考えると結局こんな感じになっちゃいました。

朝、天気予報を再確認し、装備の再点検、暖機運転を行いながらナビの設定。
ガソリンが少なめ、財布には980円、、、、コンビニでお金をおろし、「小岩井ミルクとコーヒー(7、8年前から愛飲)」を購入して出発。

0030

これもいつも通りに矢板IC前のガソリンスタンドで給油、コンビニで装備の再点検、煙草休憩をして高速に上っていきます。
(今日の装備でヘルメットを被ったままコンビニに入ったら強盗と間違えられそうだったので長居はしませんでした)

本日の気温は16~17℃と今までの高速道中では最も低い温度でした。 しかし、全身黒尽くめのフル装備のおかげか、気温の割には陽がさしていたせいか、ほとんど風が無かったせいなのか以前のように寒くて震える様なことは有りませんでした。
今回のツーリングではフェイスウォーマーも装着しており、これは鼻、口のほかに首筋もスッポリ覆う様になっており、ジェットヘルとは良いコンボですね。 風の進入も防げ、暖かい(若干鼻水が流れましたが)。 難点は後方確認の際に首が回しにくいことくらいです。 これからの季節には必需品といえます。

上記装備のおかげで今までの高速道中を考えると信じられないくらい快適でした。 快適だと高速道路を楽しむ余裕が出てきます。 今迄は出来なかったバイクウォッチングなんかもかましてみました。 やはり高速を巡航しているバイクには大型でカウル付が多いみたいです。 レーサーレプリカは140~150km/hでカッ飛んでいき、ビックスクータ等は100km/hくらいでゆっくりと走行しています。 zenx同様のアメリカンタイプは速い人もいればゆっくりな人もいるとマチマチです。 ハーレーツアラーは当然悠然と走っていました(絵になります)。

0031

0032_2


寒さを感じなかったせいか「矢板-仙台泉」の220kmで今回は1度だけの休憩で済みました(福島松川PA)。
zenx的には混雑の中ではゆっくりと休憩できない性質なのでコジンマリとしたPAで休憩することが多いです。
従って、ここ「福島松川」は簡単な食事、自販機、トイレを完備していますがガソリンスタンド、レストラン、出店が無く、大体空いており、お気に入りの休憩スポットです。
いつもはガタガタに震えて煙草を吸い再出発と余裕が有りませんでしたが、今回は煙草を吸いつつコーヒーを飲み、写真を撮影する余裕がありました。

この休憩後、ノンストップで実家近くの行き付けの中華屋へGO!、昼食を摂り実家へ到着。

実家で休憩をしつつ、、、、友人Sへ連絡し(突然)、明日のショートツーリングの約束を取り付けお昼寝に突入。
このお昼寝の間に友人Sには明日の行き先を検討してもらい(完全人任せ)、、、数時間後、友人Sからの電話でお昼寝から起き上がり「鳴子」行き決定。
早朝ツーリングなので05:30集合の申し出に朝に強いzenxも「早過ぎ、どんだけ年寄りだよ!」と06:30集合にしてもらいました。 
そんな感じで明日は「鳴子」の紅葉見物風ツーリングです。 雨天中止でお願いします。

| | コメント (1)

2007/11/02

過去を振返って

「マフラーのオイタ」で6月の免許更新以来温めていたネタは一旦終了です。
多分この4ヶ月で起こったエピソードはまだまだ有りますが思い出したらUPする様にします。
今後は毎週末のツーリング、バイクいじり等を記載していこうと思っています。
今日は、若かりし頃にバイクに乗っていた時の写真を載せてみようと古いアルバムを引っ張り出してきました。

0029

これは高校時代の写真です。
zenxの高校はバイク通学がOKだったので(ただし、原付のみ)16歳から正式にバイクに乗ることが出来ました。
写真のバイク(XL50?)は友人のものでzenxはDT50に乗っていました。
この頃はギリギリ原付はノーヘルOKでした(通学時はヘルメット装着は校則で義務でしたが)。
友人達の影響でモトクロス(モドキ)、トライアル(モドキ)にハマッテいました。
写真はフローティングターンを決めた瞬間です。新車が買い換えられるほど「壊しては修理」の連続でした。
その甲斐もあり様々なテクを覚えられました。
しかし、カウンタージャンプの練習中にスイングアームが折れ、、、、お陀仏。

0028

これは大学入学当時19歳頃だったと思います。
オフロードからロードスポーツへ興味が変わりRZ250Rを購入し、仙台新港の空きスペースに目標物(工事用のコーン)を置きターンの練習なんかをひたすらやってました(何で今はビビリモードが発動するか謎です。 昔は膝もガリガリ擦っていたのに、、、、)。

0027

そんでもって、若かりし頃かなり調子に乗っていたポーズです(顔は隠していますがくわえタバコで気障ってます)。
実はこのバイクで遠距離のツーリングは3、4度位しかしていません。 「峠」に通うのが日課だった様に記憶しています。
しかし、オフロードの様に上手にはならず、、、、格好先行のナンチャッテ君だったかな~と感じます。
その証拠に2年後にはバイクから卒業して車オンリーになってしまいましたから。

でも、何だかんだ5~6年はまじめにバイクに励んだつもりですがその効果は現在またっく残っていません、、、微塵も(まあ、20年以上前の話ですからね、、、)。
これから空白の20年を埋めるべく精進、精進(スピードは出さないけど)。

| | コメント (1)

2007/11/01

マフラーのオイタ

「マフラー交換しちゃいました。」で若干書きましたが、「2IN1スラッシュカットマフラー」はノーマルマフラーに比べて「音」は非常に良いのですが「オイタ」が絶えません。
それは何かというと、この、「2IN1スラッシュカットマフラー」は「耐熱、耐温処理」がほとんどされておらず超高温の排気により配管自体も超高温となっており、その高温地獄に被害者続出です。

0021

被害者1
ちょっと前なので判り辛いですが、zenxの右腕の「火傷」です。
めちゃくちゃ熱痛かった。 後輪にチェーンを掛ける時にほんの一瞬触れただけでしたが水脹れを伴い見た目大火傷でした。

0022

被害者2
お気に入りのジーンズ。
色のあせ方が絶妙に綺麗でとっても気にいっていたのですが、、、、お陀仏。

0023

被害者3
雨合羽。
雨の中、ピニールの焦げる嫌な匂いと共に大量の白煙が立ちこめ、一瞬何が起こったか判らない程でした。

0024

被害者4
革製チャップス。
防寒用と何となくカッコいいかなと買った一品。
買って2、3度しか履いていなかったのに。 メチャクチャショック、ショック、ショックだ!。

0025

被害者激増、被害甚大に対処するためにマフラーガードを購入し、装着してみました。
エンジンを掛けるまでは良さゲな雰囲気で満足して写真を撮りましたが、、、熱伝導で効果無し。
どんだけ熱いんだ~~。

0026

それでは、配管表面の温度を下げれば良いかな~と「グラスウール」を購入し巻いてみました。
「セラミックコーティング/耐熱900℃」のうたい文句。
これは効果絶大!。 これからは火傷もジーンズ破壊も免れるかな~と思いつつ、、、、。
「うん、若干高温になるけどジーンズが焼ける程ではないかなー」、、、、、。
運転20分後、マフラー配管周囲から白い煙がモクモクと発生。
耐熱グラスが焼けるってどんだけ高温だよ!!。 まあ、一旦グラスが溶けて硬質化したみたいなのでナントカなりそうです、、、、もうちょっと工夫する必要がありそうです。

現在はマフラーの対策に加え右足のガードを考えています。
何か良いアイディアがないか日々悩み続けています。

| | コメント (1)

猪苗代/桧原湖ツーリング・PartⅡ

2007-10-13
桧原湖から猪苗代湖西側を通り桧原湖湖畔のサービスエリアにて昼食&宮城グループと合流。
0017




0018

この時点で総勢18名に膨れ上がりました。
やっぱりアメリカンはzenxのみでレーサーレプリカが6割の高速巡航ツーリングの様相を呈してきました。

Map07

昼食、休憩後は桧原湖を1周(当然カーブのキッツイワインディング三昧)。
カーブの度に切替しをするためにニーグリップ、腰の捻りとzenxの腰、下半身は悲鳴を上げ、信号で停車した際に太腿の内側が両方痙攣する始末。
これ以上のワインディングは事故の元と割り切り一人中ノ沢の旅館へ別行動。

旅館では温泉に浸かり、下半身を十分に揉み解すzenxでした。
ローリング族よろしくワインディングを満喫してきたライダー達もしばしの休憩を満喫し夕食&酒盛りへと移行していきます。
「走り」ではオッカナビックリのzenxも酒盛りになると元気百倍!。
飲めや!歌えや!の大騒ぎ、、、、でしたが、やはり疲労と心労から24:00位にはおねむになって、、、爆睡したようです。

朝、再度温泉を満喫し帰路へつきます。

0019






帰りの道中にパーキングエリアでゲロったのは内緒です(飲酒運転?になるのかな)。
0020



最近のツーリング時の装備
①シーシバー装着
②会社の出張時に使用しているキャスター付バック(着替え、フェイスマスク、タバコ類、ジュース類他)
 (これがしつらえた様にシーシバーにウルトラジャストフィット:確か2,980円)
③サドルバッグ(ツール、雨具、セキュリティ類)
④ナビ(いつも携帯!)

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »