トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の9件の記事

2007/10/30

猪苗代/桧原湖ツーリング・PartⅠ

2007-10-13
今週は職場のバイク好きな同僚達と猪苗代/桧原湖ツーリングです。 しかも日帰りではなく中ノ沢温泉1泊酒盛り付の豪華版です。
参加人数はMax18人の大所帯です。 栃木県グループと宮城県グループの2グループが桧原湖で合流し中ノ沢へ移動するルートです。
zenx達栃木グループは矢板IC→白河IC→羽鳥湖→猪苗代磐梯(裏道)→桧原湖→中ノ沢。

Map06

白河ICで降り小休憩後、羽鳥湖湖畔で休憩。






0013

休憩後、羽鳥湖沿いのワインディングロードを疾走。


0014ステップ、靴の踵を削り続けビビリモード炸裂。
参加メンバーは23歳から48歳と誰かはゆっくり走るだろう思っていたが全員鬼のように飛ばしやがりました(アメリカンはzenxだけ、、、)。
1台オフロードがいましたが、、、メチャクチャ飛ばしていました。
それ以外はスポーツタイプ、レーサーレプリカが多かったですね。
0015
挙句に猪苗代湖沿岸では山道(砂利道)をショートカット。
まだまだ初心者爆進中のzenxはビビリモード&心臓バクバク状態で「早く舗装路プリーズ!」。
しかし、舗装路になると、、、、、キッツイカーブの連続。
0016




もう、この時点でzenxの体力&精神力は、、、、Empty状態です。
PartⅡに続きます。

| | コメント (1)

2007/10/29

大子/袋田の滝ツーリング

2007-10-07
今週は体育の日があり3連休。 でも仕事の疲労がたまっており土曜日は完全休養しました。
んでもって体調が回復すると、やっぱりどこかへバイクで行きたくなります。 当日に思い立ったのであんまり遠くなく、ほどほど距離のある、、、、週末に良く行く茨城県との県境から20kmほど東へ行くと袋田の滝があるのを思い出しました。
以前、茨城に住んでいた頃に会社のサークルの合宿でよく行ったこととがありました。 当時は車での移動だったのと南からの北上だったので気分的には新しいかなと行って見る事にしました。
自宅からは約60km、往復で120km、、、ガソリン満タンで楽にもどってこれるのが良いですね。
さっそくナビに入力。

0011

今迄語っていませんでしたがこれまでのツーリングはすべて携帯し頼りきっているナビです。
Mio/C323、意外と良いですよ。
ただし、アメリカンでそっくり返っていると画面が小さく感じます。
でも、超方向音痴のzenxには必需品です。
ナビ以外にも音楽も聴けます(使ったこと無いけど)。

袋田の滝は自宅から烏山、馬頭を通り461号線で到着です。
結構、zenx+アメリカンには具合良いワインディング(Rがでかい)があり天気もピーカンで絶好のツーリング日和でした。

Map05

袋田の滝に到着してみると、、、、観光客、観光客、観光客、カップル、カップル、カップル、、、、そうか、3連休ど真ん中、紅葉の季節、ピーカン、、、、駐車場どころか転回する隙も無い状態でした。
多分、17、8年ぶりの袋田の滝だったのに。 根性で転回して観光、散策もせずに帰宅の途へとつくのでした。

帰りはコースを変え、喜連川、氏家経由で自宅に戻ってきました。 目的地で何もしてこなかったので帰宅時間は14:00と延べ4時間の短~いツーリングでした。

来週は会社のバイク好きが集まっての1泊ツーリングです。 そこで楽しめることを期待して終了。

0012

唯一撮影した写真です。

| | コメント (0)

2007/10/28

松島/瑞巌寺ツーリング

2007-09-29
今週は金曜日(9/28)に有休を取り3連休。 今回も仙台の実家を拠点にしてツーリングに行こうと思っています。
仙台以降の予定はまた友人Sと相談して決めようと気軽に計画。 ただし、前回の装備不足の失敗は大反省したので、まだ若干暑かったのだが、、、、革ジャン、革チャップス、長袖のシャツ、長靴下と防寒対策もバッチリ。

一応、疲労を考えて28日は仙台移動のみとし、朝9:00出発。 9:30にインター手前でガソリン補給、装備再点検、タバコ休憩を行い、恐る恐る高速へ。 前回に比べてかなり楽でした。 やはり革装備だと強烈な風を遮断してくれ、肌に直接風を受けないないだけでかなり楽&疲労/消耗を抑えられました。
しかし、気温は20℃前後、寒いのとタバコが吸いたくなるので途中2度ほど休憩を挟み仙台到着。

実家に到着後、休憩、夕食の後、友人Sと連絡を取り早朝ツーリングの約束をしました。
しかし、良い目的地が無く、明日集合場所で再度相談して決定しようということで電話終了。
本当は蔵王のエコーラインを走ってみたかったのですが、友人Sの家族サービスを邪魔するわけにもいかず、早朝~午前のみのツーリングとなります。
Map04_2

翌朝、集合場所で友人Sと合流。 目的地は結構近いが松島に決定。

今回は厳しいワインディングも無く、「ビビリモード」は封印。 終始快調に松島に到着、バイクを駐車場に停め周囲を物色するも時間は6:30。 開いてる店も無く、季節的に自販機にも「ホット」コーヒー無く近くの瑞巌寺を参拝することとしました。 しかし、瑞巌寺の参拝開始は9:00。結局、周辺を散策して記念写真。

0009_2 

周囲のお店もやってないので早々に帰宅の途へつきます。

何か今回はアクシデントも無く終了。

0010_2

| | コメント (2)

マフラー交換しちゃいました。

2007-09-22
DS11の納車以降、結構気に入ってチョイ乗り、ツーリングをしていますが、やはりエキゾーストノートが物足らず交換することにしました。

 ■マフラー交換時のポイント
  ①騒音   :法定遵守
  ②排気   :法定遵守
  ③ノーマルより重厚な音
  ④おまけで馬力アップ

上記の考えでマフラーを探すこととしました。 ①、②に関しては「41歳」にもなって迷惑行為で検挙、近所迷惑でドヒンシュク等はあまりにイタイので、、、社会人(人として)のマナー?は守りたいなと、、、。
③に関しては、「ハーレーの様な」は期待しすぎですがもう少し「ドロドロ、ボボボ」みたいな音がお望み。

ネットで様々なマフラーを探してみましたが、意外に①、②を遵守したものが無い。 結構①、②を達成して国認定の機関のお墨付きを貰うのは難しいのかなーと思いつつもネットサーフィン。 すると、デイトナでだしている「2IN1スラッシュカットマフラー」が騒音規制、排ガス規制共にクリア(JMCA)しており、さらに中速域~高速域で5~12PSの馬力アップも見込めそうなのとキャッチコピーの「魂を揺さぶる音。」が気に入り物色することに決定。
色々な掲示板で感想を聞き、最終的にはバイク屋のオヤジの「ああ、これヤマハ(Y'sギア)の扱いになってるから安心だよ~」の一言に即「取り寄せて」、「いくら?」、「いつ届くの?」と速射砲(9/16)。

そんなこんなで9月22日に納品。 即装着(バイク屋のおニーちゃんが)。
装着終了後、エンジン始動。 今までの軽い音に慣れていたせいかかなり「ドロドロ」系の重い音で「騒音規制」OKなの?と思うような大きな音でした。 近所迷惑大丈夫かな~と思いつつ帰宅。 自宅までの約30分、なかなかいい音だと満喫しつつもドライブシャフトの音はやはり聞こえてくるんだなー、ポンプの音はかき消されている様な気がする。
帰宅後、アイドリング時のエキゾーストノートは大きいものの空ぶかしさえしなければ近所迷惑にもならなそうだと思い一安心。
ちょっと休憩後、週末良く行っている茨城県との県境へ。 馬力upの体感は無いもののエキゾーストノートが好みに合っているだけで何かテンションが上がります(上がってもスピードはそこそこ)。
いつもの休憩ポイントで記念撮影                  ↓。

0008

かなり気に入りました。 来週のツーリングが楽しみです。
(しかし、このマフラーは後々微妙にオイタをし続けます。 それは後日書きます)


| | コメント (0)

慣らし運転&First Touring Part-Ⅱ

2007-09-02
昨日実家に泊まった訳ですが、今回の「免許取得→バイク購入」の一要因を担った友人Sと連絡を取り、9/2早朝におち会いショートツーリングを行うことにしました。 場所は私の実家から30kmくらい離れた青葉区大倉にある西方寺(定規如来)を終着にご当地名物「三角あぶらげ」を朝食代わりにする予定です。

Map03

朝5:30に集合場所でおち会い、スタート。 当然、昨日以上に寒さを感じつつ友人Sのバイクの後ろに続きクルージング。
友人Sのバイクはホンダ/GB400。 ロードスポーツ、カウル付でありながらレーシングレプリカに無い落着きと渋味のあるバイクです。 風を直接体に受けなくて良いのが羨ましい。
定規山をアップダウンしながら登っていく途中、初心者zenxには結構辛いワインディンが続きます。 アメリカン故にあまり車体は倒れないのですがキツイカーブではステップ、靴が路面に擦れ「ビビリモード」が炸裂します。

スタートして1時間弱、西方寺手前の出店?に到着。 駐車場にバイクを止め記念撮影     ↓。

0006  0007


時間は7:30、定規とうふ店で名物の「三角あぶらげ」を注文し一服。 実は仙台に20年以上住んでいたにもかかわらず「定規山」に来るのは初めて、三角あぶらげを食べるのも初めてです。
かなり熱々なので口の中がベロベロになってしまいました。

一応、西方寺に帰りの安全をお祈りして帰宅の途につきました。 友人Sは自宅へ、zenxも250km離れた自宅へ向かって、、、、。
まあ、陽が上がって来るに従い気温も上昇してきた様なので昨日よりは楽かもしれないと思いつつ再度高速へと向かいます。

0005

帰りは休憩2回、約3時間で自宅へ到着しました。
あー、明日は会社だー、疲れたー、と思いつつ長いお昼寝をして日曜日は過ぎていきます、、、、、。


| | コメント (0)

2007/10/27

慣らし運転&First Touring Part-Ⅰ

2007-09-01
バイク納車から1週間。
一般サラリーマンであり結構お年頃(41歳)なためバイク通勤は結構大変です(というか選択肢としても無いから)。
従って、バイクを乗る機会は土日、休日のみです。 そんなこんなで待ちに待った土日を控えた金曜日の夜、先週の納車からここ120kmしか走っていないこともあり慣らし運転も兼ね仙台(実家)へツーリングすることを思いつき、自宅から実家までは約250km、慣らし運転&ツーリングには持って来いの距離と考え、9月に入るとはいえ今年の猛暑を考えればTシャツにGジャンでも羽織っていれば楽勝!、などと考え気楽に就寝。
しかし、9月1日は久しぶりに曇り空。 まあ、寒くもないし若干汗ばむし問題なしとやはり気軽に出発~。
高速入り口まで約15kmは時速60~70kmのペースで特に問題なく快調に運転できました。
高速に上がる前にガソリン補給、装備点検、タバコ休憩と準備万端。 颯爽と高速へ出撃ーと思いきや、、、、さ、寒い。 気温は23~24℃、休んでいたり、低速で走っている分には全然寒くない(先程も書きましたが汗ばむくらい)のですが時速110~120kmで巡航すると寒くて膝どころか体全体が震える始末。
完全に装備不足でした。 Tシャツ1枚、Gジャン1枚、靴下はショートと季節外れの冬を体感してしまいました。 
挙句にアメリカンタイプはカウル、風防も無く強烈な風を体全体で受けてしまうため疲労の蓄積が早いこと早いこと。 風を防ぐために前傾姿勢をとるとアメリカンタイプ特有のポジショニング(シートセッティング)のため腰が悲鳴をあげます(足は前に出し、上半身を前傾させると、、、海老の如く前屈状態)。
さらにさらに、ヘルメットはジェットヘル。 安全を考えてハーフやダックテールは控えましたが、ジェットヘルでさえ高速巡航時には風を巻き上げ後方確認で首を斜め後ろに向けると顎から上を持っていかれそうになりました。
そんな状態で、高速区間210km程度で3、4度の休憩を取る羽目になってしまいました。 そして最後の止めに雨まで降ってくる始末。
当然、雨具の準備は万全でしたが、寒さドンさらに倍みたいな、、、、最終的には気温19℃とさんざんでした。
高速恐るべし、東北ナメ過ぎを痛感した高速区間でした。
高速を降りると雨は上がり気温上昇、、、、イジメかよ!等と思いつつ実家到着 ↓。

0004


普段車で実家へ移動する場合はノンストップで2時間半で到着する行程が今回のFirst Touringでは約4時間。
まあ、装備をきちんとしてバイクに慣れれば次はこんなに掛からないはず?。

| | コメント (0)

納車されました。

2007-08-25
8月25日ついに納車日です。
私の家からバイク屋は結構離れていて、約18kmもあります。何故ならば私の親会社の研究所が近所に在り(城下町状態)、ヤマハの取扱いのある販売店(認証工場扱い)が極めて少ないためです。
従って、歩いてバイクを受け取りに行くことは不可能なため会社の後輩に頼み込み車で送ってもらうこととしました(土曜の休日朝に叩き起こして)。
ほぼ販売店の始業と同時に店に乗り込み清算→取扱い説明→メンテナンス説明→慣らし運転説明→1,000km点検説明→アフターサービス説明→茶飲み話とここまで約1時間。
顔は「ニコヤカ」に対応していましたが、内心は「早くバイクに乗せろ~~」状態でした。
ようやく納車の儀式も終わり、エンジン始動。 セルのキュルルー音の後に重いエキゾーストノート、、、???。
ん?、意外に軽い音だなと思いつつも暖機運転。 数分後、ギアを1速に入れ自宅方面へ向かって運転開始。
数km走行した感想は、エキゾーストノートが軽く小さいためかポンプとシャフトドライブの音が意外に目立ちます。
コンビニの駐車場に停めアイドリング音を聞くと運転中に比べて目立ちません。 骨伝導のせいなのかな~と思いつつ自宅近くの食堂まで行き、昼食を摂りました。
昼食後、南海部品へ移動しドレスアップグッズ、セキュリティグッズ、バイク用ナビを購入し自宅へ戻り、契約直後にネットで購入したシーシバーを引っ張り出し装着した直後に撮影した写真がこれです                     ↓。

0003

エキゾーストノートについてはもうちょっと重厚な音を期待していたため「法規制以内」で良さゲなマフラーをネットで探そうと思う今日この頃、、、、です。

 ■標準装備以外
  ①エンジンガード          :純正
  ②シーシバー(ホルダー、パッド) :デイトナ
  ③シートバッグ           :K-プラス(多分)
  ④時計(ハンドル装着式)     :南海部品
  ⑤ナビ(スタンド含む)       :Mio
  ⑥盗難防止ロック(3仕様)    :etc.
  ⑦カバー               :純正
  ⑧ツールバッグ           :不明

| | コメント (0)

バイク買っちゃいました。

2007-07-28
2007年7月20日に免許を取って、頭の中は「バイク購入」でイッパイになってしまい仕事も上の空状態の毎日が続く有様。
挙句、「もういいや!、買っちゃえ!」と衝動買いモードが発動してしまいました。
結局、7月28日には契約を決めるは、納車日は1ヶ月後にも関らずパーツをネットで購入し2週間以上も前に到着させるは「舞い上がること火の如し」で自分でもびっくりです。

しかし、舞い上がっていたとはいえ「バイク選び」に関しては教習所通いが始まったあたりからネットで散々やっていたので「衝動」的ではなく、自分の好み、体格、性格に合った物を選べたと思います。

■バイク選定の条件
 ①せっかく大型二輪を取ったのだから、「1,000ccオーバー」が欲しい
 ②年齢、自分の技術からぶっ飛ばすイメージの「レーシングレプリカ」はNG
 ③ゆっくり走ってても絵になる物
 ④ツーリングに適した物
 ⑤自分の好みにあった物

上記条件には本当は入れねばならなかった条件として「親会社のバイク」があるのですが、、、、却下しました。
①、⑤等に抵触するのであしからず。
条件は色々ありますが、結局のところ「運転技術が未熟」なためスピードは出さない(出せない?)、コーナーは攻めない(攻められない?)、ツーリングメインな事から「アメリカン・タイプ」を選択しました。
メーカーはリッターオーバーのアメリカン保持、高校、大学と乗っていたバイクがそうだったのもあり「ヤマハ発動機」としました。
ヤマハのリッターオバー・アメリカンタイプはドラッグスター1100(DS11)とドラッグスター1100クラッシック(DSC11)の2種類があります。
 ・DS11は重厚でいてスッキリしたアメリカン
 ・DSC11はDS11をベースに各部がさらに重厚なカスタム風な姿見
個人の好みが大きく左右するのでしょうが、私自身余りにもゴテゴテ、モッサリしているよりもシンプルな感じが好きなのでDS11を買うこととしました。
色ですが、本当は「ベリーダークレッドメタリック2」が良かったのですが在庫が無く生産計画も当分無いとの事だったので「ブラックメタリックX」としました(2色しか無いんですが)。


0002

ということで、8月25日ドラッグスター1100の納車となります。

| | コメント (0)

免許取っちゃいました。

2007-07-20
今年7月に大型自動二輪の免許を習得しました。
今年の4月に二輪関連の職場に転属し、周囲の情報が二輪づくしとなってしまい若かりし頃に憧れた「限定解除(今は大型自動二輪)」が欲しくて欲しくて堪らなくなり、さらには地元友人達との「免許取ってツーリングへ行こう」の誘いに頭が混乱してしまい、40歳で免許取得を思い立ちました(2007年6月当時)。
大型自動二輪を取るに当たり、私のバイク経験最終記憶は、、、、20歳冬直前。
なんと20年以上のブランクがありました。
教習所でバイクに跨るまで立ちゴケはしないか、エンストはしないか、いきなりウィリーしないか凄く不安でしたが意外に体が感覚を覚えていてすんなりバイクを運転することはできました。
しかし、体の感覚は良かったのですが、教習中に周るコースが覚えられない、覚えたが運転中に忘れる等寄る年波には抗いようが無く、、、5時間程単位を落とす羽目になりました(卒業検定も1度不合格)。
ナントカカントカ、七転八倒で2007年7月20日に大型自動二輪の免許を習得することが出来ました。

0001_3

実は免許習得は来年地元への転勤に向けて免許だけ取っておいて地元で駐車場環境を整えてバイク購入の運びとする予定でいたのですが、、、、。
頭とは裏腹に免許更新(運転免許センター)の帰りに何故かバイク屋巡りをしている自分を発見してしまいました。
続きはまた。

| | コメント (0)

トップページ | 2007年11月 »